お正月休みは、いかがお過ごしだったでしょうか?(^^)年末のような大雪が降ることもなく、家でゆっくりされたり、ご家族やご友人や恋人とお出かけされたりと、充実したお正月をお過ごしできましたでしょうか?

 

本日は、寒いときには大活躍のダウンジャケットについて、その中でもここ2,3年の間に流行ってますシームレスダウンについてお話をさせていただきたいと思います。

ご存知の方もお見えになられると思いますが、そもそもシームレスダウンって何??という方に簡単にかつ、簡潔にご説明をさせていただきたいと思います。

↑↑↑これがシームレスダウンです。従来のダウンは、糸で縫って仕切りを作っていましたが、このシームレスダウンは、内側を接着剤でくっつけて仕切りを作っているため、従来のダウンですと、糸を通す穴から冷たい外気が入ってきますが、シームレスダウンには糸を通す穴も開いていないため、外気が入る隙間がなくとても温かく着こなせるというわけです。 いろいろな服屋さんを見て回っても、このシームレスダウンを販売しているお店が多いのではないでしょうか。

 

次にこの写真をご覧ください↓↓↓

画像が見にくくて申し訳ありません(-.-;)

この写真は、新聞のとある記事の写真ですが、ダウンの区切りをしてある接着部分が、3年経つと剥がれてしまう可能性があるということ、そしてシームレスダウンの品質表示に3年で劣化するという内容が記載されているということです。普段品質表示を目にする人は洗いが何で洗えるかは見ると思いますが、その下の文をしっかりと読む方はそういないかと思います。実際、シームレスダウンを使っている私の友人に3年で劣化するかもよ、知ってた?と聞いてみたところ、え!!!うそでしょ!!!と、とても驚いておりました!!

2015年からシームレスダウンが多く製造され、2015年に買われた方は、今年2019年が3年を過ぎた時期となります。大切にタンスの中にしまってあっても、紫外線や気温の変化などにより、徐々に劣化をしていくため、何かベタベタするとか羽毛が下に落ちてるとか、何も触っていなかったとしても異変に気付くかもしれません。

シームレスダウンをクリーニング出来ませんと言われるお店もあるとTwitterなどで拝見しましたが、私のお店では、シームレスダウンの状態をしっかりと確認させてもらった上で、ご了承の上、お預かりをさせていただいております。(洗うことによってさらに劣化してしまい、お客様にご迷惑をおかけしてしまう場合もございますので、状態によってはお洗い出来ない場合もございますので、ご了承ください)

お店を選んでくださったご縁を大切にして、丁寧にお洗いをさせていただきたいと思います。

今後ともよろしくお願い致します。